333discs

FEB 2012

Q and A
●2012年の抱負とみなさまへのご挨拶

【伊藤葉子】2012年、新しい年になりました。2011年は、良い事も悪い事も、過去に経験した事のない自分のキャパを超えた出来事が沢山ありました。新しい方との出会いも沢山あり、考え方を変えざるを得ない事も多々あり、本当に勉強になった一年でした。今年はどんな事が起こるのかわかりませんが、いつも通りに地道に、コンスタントにやって行けたら、、、と思っています。本年も333メンバー一同がんばります!どうぞよろしくお願いいたします。

 

【goro】真夏のブラジルから帰ってきました。東京は寒い!みなさまいかがお過ごしでしょうか?今年はアルバムを何枚か出す予定があります。去年は一枚しか作れなかったので、がんばります。

 

【naomi】本年もよろしくお願いいたします。新年はこのpressでも登場していらっしゃるフルールドクールの阿部さんの御宅でかるた取りをしてきました。皆様にとって素晴らしい一年でありますように。

 

【tico moon影山敏彦】昨年はtico moon結成10周年、そして来年は初めてのアルバム『lento』をリリースしてからちょうど10年。長かった様であっという間だったこの10年という時間を大切に噛みしめながら、今年も音楽を奏でていきたいと思います。

 

【tico moon吉野友加】今年は tico moon 11年目になりました。新しい10年の始まりとして、新鮮な気持ちで活動したいと思います。今年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

【甲斐みのり】2012年がはじまり、ひと月がたってしまいましたが、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。一昨年は「寡黙」、昨年は「人見知り克服」を新年の抱負として日々を過ごしましたが、今年はもっとたくさん旅をしたいなあと思っています。昨年、tico moonさんから、ツアーで全国をまわられた話しを伺って、旅っていいなとあらためて思って。春に、出身地である静岡案内の本を出すのですが、東京から静岡の距離でもじゅうぶんな旅。近くでも遠くても、時間をみつけてあちらこちら巡れたらと思います。

 

【葉田いづみ】昨年は大変な災害があり、原発事故の被害はまだ続いています。今年はみんなが少しでも穏やかな日々が過ごせますように、願っています。

 

【阿部桂太郎】穏やかに、そして家族が幸せに暮らすことができれば良いと思っています。また皆さまにとっても、2012年が本当に幸せな一年になりますように。

 

【三品輝起】本年もよろしくお願いします。大人になります。

 

【青芝和行】去年は暗いニュースが多かったので、明るい一年になればと思います。個人的には、趣味のランニングで今年は1,300kmを目標距離にしたいと思います。

 

【岩崎一絵】333DISCS PRESSも気づけば5年目。いつもご愛読ありがとうございます。季刊なので細々とではありますが、皆様それぞれにお気に入りのコーナーを見つけて頂けるようなウェブマガジンを続けていきたいです。




Q and A
●待ち合わせによく利用するカフェはありますか?

【naomi】今まではメニューや雰囲気重視だったのに、最近ではソファ重視になりました。近場の駅のエクセルシオールに頻発に出入りしてます。

 

【goro】あまり人と待ち合わせしませんが、打ち合わせだとスパイラルのカフェかな。

 

【tico moon影山敏彦】下北沢のkate coffee。自由に閲覧できる本が沢山あるので、待ち時間を持て余す事もありません。

 

【tico moon吉野友加】待ち合わせだけではなく、週に一度はサンマルクカフェに行きます。焼きたてのパン、特にチョコレートの入ったクロワッサン「チョコクロ」が大好きです。

 

【甲斐みのり】昨年末、『東京でお酒を飲むならば』という本を出したのですが、その中で、新宿で待ち合わせするのにいいお店について書きました。やっぱり、新宿東口の地下改札を出てすぐのところにある「BERG!」は待ち合わせの定番です。コーヒーを飲む人、お酒を飲む人が、同じ空間で同じような何気ない顔つきで、ひとりで過ごしていたりして。(朝からなにくわぬ顔でお酒を飲んでいる人もいます)モーニング、ランチ、コーヒー、お酒、デザート、おつまみ、軽食、メニューの抱負さもありますが、訪れた人がそこでどんなふうに過ごすか、普通の喫茶店やバーよりもずっと自由な雰囲気を好ましく感じます。立ち飲み席とテーブル席が、半々ほどなので、さっと食べて飲んだり、待ち合わせするのに本当に便利です。

 

【葉田いづみ】青山のNUMBER Aというカフェがなかなかでした。お茶だけでもいいし、夜だったらお酒をたのしみつつしっかりご飯も頂けます。

 

【阿部桂太郎】パリの5区、パンテオン(Pantheon)の裏通りにある、カフェ ド ラ ヌーヴェル メリー(cafe de la nouvelle mairie)。このカフェの斜向いに住んでいたこともあり、よくお邪魔しました。いかにもパリらしい雰囲気の静かなカフェです。

 

【三品輝起】西荻窪の喫茶店「それいゆ」。老若男女が集い「実家感(わたくしの造語)」にあふれイケメン店員も常駐してて足穂の本もあって……みたいな喫茶はなかなかないと思う。

 

【青芝和行】最近見つけたのでまだ待ち合わせに使ったことはないんですが、町田の宮越屋珈琲店を。もともと札幌が発祥でチェーン展開してるそうです。コーヒーが美味しいのはもちろんなんですが、JAZZ喫茶ばりの高級オーディオでモダンジャズが流れているのが売りみたいです。誰も熱心には聴いてなさそうなんですけどね。早く待ち合わせに使いたい!

 

【岩崎一絵】渋谷マークシティ、アフタヌーンティのカウンターコーナー。チャイがあります。落ち着く雰囲気ではありませんが、店外の通路の席なら大抵座れるので、ちょっと時間を潰すのに向いています。

 

【伊藤葉子】美味しいものを食べに、ならば素敵なカフェが沢山あるのですが、仕事で待ち合わせとなると、パソコンも使うし、出来るだけすいてるところが良いのでついついデパートに行ってしまいます。新宿伊勢丹の地下2階のスターバックス(すいてるから)、渋谷東急本店屋上のヴェルデステ(ハーブティーにラスクがついてきます)座席はとても少ないですが、ひとけも少ない、とか。どちらも駅から遠いので、渋谷、新宿の駅徒歩4、5分で良いところがあれば是非教えて下さい!

そういえば・・・ゴローに教えてもらった吉祥寺の喫茶店「シェモア」CHEZ MOIは穴場です。JR吉祥寺南口からマルイにむかい、マルイの左側の通りの左側。L.L.BEANのすぐそばです。飲み物、食べ物、雰囲気に全くこだわらなければ、絶対座れます。店内に招き猫が沢山、水槽というか、池がある。カメがいたような。。あれだけ立地の良いところなのに大変もったいない。なんとか良い感じになってほしいです。




Q and A
●2~4月おすすめのイベントは?

【伊藤葉子】naomi & goroはレコーディング期間、tico moonはライブにいくつか伺えると思います。また、ゴローも4月リリースのソロアルバムにむけて色々と予定が入ってくると思いますが、3/3(土)に地元国立市のアグレアブルさんで、ダン・ラ・ナチュールさん初の書籍『ももの木 なしの木 りんごの木』(mille books刊)発売を記念し、伊藤ゴローがあんざい果樹園の安斎伸也さん、ダン・ラ・ナチュールの千葉奈津絵さんとのトークイベントに出演いたします。演奏も予定しておりますのでぜひお越しください。

 

【goro】4月に僕のソロが出ます。ブラジルで録ってきました。ギターインストです。ピアノにアンドレ・メーマリ、チェロにジャキス・モレレンバウムなど素晴らしいアーティストとレコーディングしてきました。

 

【tico moon影山敏彦】もう少し先になりますが、5月22日のスカイツリーのグランドオープンが楽しみです。高所恐怖症の割に展望台に上ることが大好きなので、上れる日を楽しみにしています。

 

【tico moon吉野友加】暖かくなったころ、少し長めの散歩しながら桜を楽しむ。そんなお花見がオススメです。

 

【甲斐みのり】
2/1~2/14まで阪神百貨店梅田本店バレンタイン催事場で「おやつマルシェ」
2/3~2/14まで調布パルコで「かわいくておいしいおみや」
と、バレンタインにあわせて、お菓子のイベントを監修しました。
チョコレートだけでなく日本各地のお菓子をご紹介しています。
阪神百貨店では今年で3年目ですが、調布のパルコは今年がはじめて。

私のコーナーは1階の特設会場となります。4階には手紙舎さんのshopもあるので、是非会わせてお立ち寄りいただければ幸いです。

 

【葉田いづみ】楽しみな映画がいくつかあります。ヴェンダースによるピナ・バウシュのドキュメンタリー『PINA』、マイク・ミルズ監督の『人生はビギナーズ』。

 

【阿部桂太郎】春の訪れ、そのもの。長くて暗い冬が終わり、日に日に昼間の時間が長くなるこの季節は、パリの街に生きる者にとって本当に嬉しいもの。街路樹の葉が芽吹く頃の清々しい空気には幸せすら感じます。

 

【三品輝起】FALLの上階に「toki」という西荻一文化的なすばらしいカフェがあるのですが(1月は黒沢清監督のトークイベントがありました)、2月のイベント「映画『ニーチェの馬』公開記念トークセッション」になぜか安齋肇さんがでます!

 

【青芝和行】2月のKeith Levene, Jah Wobbleの来日公演がとても気になります。



憩いのひととき
●パリの街角から

水の都、アヌシー

こんにちは、フルール ド クールの阿部桂太郎でございます。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

昨年のクリスマス休暇に、フランスとスイスとの国境近くにある、アヌシー(Annecy)の町に行ってきました。
何か目的があったわけではないのですが、小さな子どもと一緒でも出かけやすく、また、大自然の中でのんびり過ごしたいと思ったからです。

なお、アヌシーという町の名前は、日本にお住いの方々にはあまり馴染みがないかも知れません。
しかし、1992年の冬季オリンピックの開催地アルベールビルや、スイスのレマン湖畔にあるジュネーヴの近くと言えば、何となく、その美しい町の様子を想像していただけるのではないでしょうか。

アヌシーの人口は約5万人。ヨーロッパで最も透明度が高いといわれるアヌシー湖のほとりにあります。
また、湖の周りにはフレンチ アルプスの山々が連なり、そこに降った雨や雪が清流となってアヌシー湖に注ぎます。

さらにその湖水はアヌシーの町の中にも引き込まれ、清らかな流れと心地良い音となって、訪れた人々を楽しませてくれます。
これが、水の都アヌシーと呼ばれる所以(ゆえん)です。

なお、アヌシーの旧市街地は約2キロ四方。決して大きいとは言えません。
しかし逆に言えば、のんびりとお散歩を楽しむのにはちょうど良い大きさ。細い路地が縦横に伸び、その中を清らかな水が流れるその様は、本当に美しいものです。

さらにアヌシー湖のほとりには、タロワール(Talloires)やデュアン(Duingt)などの小さな村々も点在しています。
私くしが訪ねた時には季節外れでひっそりと静まり返っていましたが、まるでどこかの観光局のポスターのように美しい風景が広がっていました。

皆さまも機会がございましたら、是非、水の都アヌシーやその周りに点在する美しい村々を訪ねてみてください。

・アヌシー湖の観光サイト
http://www.lac-annecy.com/

今回は、フランスの水の都、アヌシーについて、少しだけお話をいたしました。

・写真01(左上) アヌシーの旧市街地。町のあちらこちらに清らかな水が流れる。
・写真 02(右上) 湖畔の村、デュアンにて。セザンヌが描いた古城がいまも佇む。
・写真 03(左下) アヌシー湖の白鳥。透き通った水面を気持ち良さそうに泳ぐ。
・写真 04(右下) アヌシー湖、冬の夕暮れ。すべての音が吸い込まれたような静けさ。

 

 

阿部桂太郎

1965年8月22日生まれ。新潟県小千谷市出身。2003年よりフランス、パリ在住。インターネットショップ「フルール ド クール」を営む。好きなことは、旅をすること、食べること、温泉に入ること。




憩いのひととき
●国立の街角から

「一橋大学」

真冬に一橋大学の前を通ると、ひと際ひんやりした空気が流れてくるような気がする。最近知ったのだが、敷地内に武蔵野の原生林を残しているというのも納得だ。ひょっこりタヌキの親子が出てきたことも。
キャンパスに足を踏み入れると、ふっと懐かしいような気持ちになる。古いレンガ造りの校舎は、私が通った大学とどこか似ている雰囲気があるかもしれない。天気のよい日は子どもたちの遊び場になったり、近所の人が散歩している姿もよく見られる。こういうところは、都心の大学には見られない光景だと思う。
写真は、築地本願寺や湯島聖堂などを手がけた伊東忠太設計の兼松講堂(1927年)。

 

葉田いづみ
グラフィック・デザイナー。主に書籍のデザインを手がける。静岡県出身。2009年より国立に暮らす。




憩いのひととき
●西荻の街角から〜トウキョウエコノミー

世界に一つだけじゃないサウダーヂ

文責:三品輝起

 

年始なので心をいれかえてまじめに(なのでBGMは「世界に一つだけの花」でお願いします)。

 

(……もーともーととーくべーつなオンリーワン……)

 

去年もっとも印象に残った映画の1つに、富田克也監督の『サウダーヂ』というのがある。舞台は日本中にある空洞化した不景気な地方都市……ショッピングモール、パチンコ店、駅前商店街のシャッター通り、ゴーストタウン化した歓楽街。まあ旅行するたびに出会う、判で押したようなの風景だ。

 

そして、その街に生き、ばらばらにほどけてしまった者たち……失業者、悪徳業者、介護老人、過酷な肉体労働者、ヒップホップを歌う若者、ラブアンドピースな若者、東京帰りの若者、冷笑する若者、インターネット上の極端に国粋的な若者、ブラジル人やタイ人といった外国人労働者、彼らのコミュニティと地元民との軋轢。

 

そのすべてが混在した剥きだしの社会を、上映時間3時間という壮大なエンターテイメントとしてまとめあげている。とりわけ出口のない移民問題をこれほどおもしろく、リアルに描ける監督は他にいないだろう。

 

(……どーれもーみんなきーれいーだねー……)

 

移出民、移入民をあわせた移民問題というのは、グローバル化した世界において、すべての国が直面している課題である。植民地政策をとってきたヨーロッパの国々も戦後、おもに北アフリカをふくむイスラム圏からの移民が増え、排斥と暴動、そして開かれた対話をいくどとなく繰り返し、いまなお努力している。

 

それにくらべ日本は、先進国でもっとも移民政策が遅れている国であることは言を俟たない。現在、日本における外国人登録者数は約200万人、そのうちいわゆる外国人労働者は100万人だ。

 

要約して書くと、政府の(そしてみなが暗黙に了解している)方針はこうだ。正規のルートでは、単純労働者の流入はおさえて、知的労働者の入国だけを望んでいる。よって不法労働者に対してはかなり厳格な基準で取り締まっている。

 

とはいえ一部の製造業や農業において、もはや低賃金の単純労働者なしでは経済が回らない構造があるのはあきらかなので、別のルート(外国人研修制度や、90年の入管法の改正による、日系3世とその家族の定住をうながす措置など)で調整を進めている……といった具合だ。

 

(……いっしょーけんめーになればいい……)

 

去年の下半期は、震災と原発事故後というタイミングもあり、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の議論がすごーく白熱してた。我々の社会は、変わらなければならないという焦りと、このまま変わらずにいたいという心性の狭間で、不安定に揺れていた(と記憶しているけど、あれ? だいぶ忘れちゃったなあ)。

 

移民の問題はどうだろう。文化摩擦や不就学の増加など、社会の分断が忍びよってるのに、もはや彼らなしに立ちゆかない現状があるのに、日本人の多くは見てみぬフリをしてるように思える。でも。こりゃTPPなんかより何倍も何倍も難しい問題だ。

 

長らく同質性をベースとしてきた社会のなかで、伝統や文化の維持をふくむローカリズムの流れと、職を求める人々が豊かな国の境界線を自由にめざす流れは両立するのだろうか? するとすれば、どんな形だろう。ぼくは彼らと、どんなサウダージが共有できるだろう。

 

(……そーさーぼくーらもー……)

 

BGMうるさいよ! ……まあ言いたかったことは、本作がそんな頭の痛い連立方程式に、フタをしないための強力な案内人となるんじゃないかな、ってことだ。けっこう笑えますし。うーん、いつもとくらべてまじめすぎたような……ではではチョークディー!

 

 

三品輝起(みしなてるおき)

79年生まれ、愛媛県出身。05年より西荻窪にて器と雑貨の店FALL (フォール)を経営。また経済誌、その他でライター業もしている。音楽活動では『PENGUIN CAFE ORCHESTRA -tribute-』(commmons × 333DISCS) などに参加。2011年7月、アルバム『LONG DAY』(Loule)を発表。




憩いのひととき
●乙女歌謡

ミュージック・ジャーナル

2月18日、等々力にある「巣巣」さんで、~ミュージック・ジャーナル vol.2 「松本隆 ソングブック」~というイベントを、ミュージシャンのHARCOさんとともに開催いたします。昨年の9月にvol.1を開催したのですが、そちらが楽しく、好評でもあったので、今回は「松本隆さん作詞の歌のみに限定して、歌とおはなしをおこないます。

 

イベント自体を前半と後半ではなく、A面/B面と区切り、私が女性視点で選んだ歌をA面、HARCOさんが男性視点で選んだ歌をB面で聴いていただく予定です。すでに私は、候補の10曲をHARCOさんにお伝えしているのですが、どんな歌が勢揃いするか私も今からとても楽しみ。

 

きちんと統計できているわけではありませんが、これまで私が紹介してきた「乙女歌謡」約200曲の、3分の1は、松本隆さんが作詞された歌ではないかと思うほど。松本隆さんがいらっしゃったから、子どもだった私は「歌謡曲」にひかれ、言葉や感情を覚えていきました。

 

音楽好きの方にとっては、言わずと知れたことですが、松本隆さんは作詞家として活躍される前、細野晴臣さん、大滝詠一さん、鈴木茂さんの4人で「はっぴいえんど」を結成されていました。そして解散後、南佳考、あがた森魚さんのアルバムをプロデュースし、アグネス・チャン「ポケットいっぱいの秘密」、太田裕美「木綿のハンカチーフ」で作詞家としての人気を確立。その後、松田聖子さんはじめ、数々のアイドルに歌詞を提供しています。

 

今回、私が候補にあげている10曲中、7曲が女性が歌う歌で、残り3曲が男性です。このコーナーは「乙女歌謡」というタイトルですが、「乙女歌謡」の神さまのような松本隆さんが作詞された中でも、私が一番好きな、男性の歌をご紹介させていただこうと思います。

 

それは、はっぴいえんどの「朝」という冬の歌。今まで、いろいろなことから顔をそむけてひとりで生きてきた男性に、ともに朝を迎える女性が現れる。すぐ隣で眠る人を通じて、少しずつ優しさや穏やかな日常、あたりまえの幸せが、自分のものになっていく。短い歌詞の中にそれほど多くは語られていないけれど、ふたりの朝の風景が映画の一場面のように浮かんできます。大きな出会いも別れも描かれてはいないけれど、何気ない日常こそドラマチックであることを感じることができて、聴くたびに穏やかな気持ちになります。

 

ミュージック・ジャーナルは、「乙女歌謡」を基本に、これからもいろいろな音楽家の方と組んで、全国各地でイベントを開催できればと思っておりますので、どうぞよろしくお願いします。

 

■ミュージック・ジャーナル vol.2 「松本隆 ソングブック」
出演:音楽/HARCO トーク&MC/甲斐みのり
日時:2012年2月18日(土) 18時30分開場 19時開演
会場:巣巣/東京都世田谷区等々力8-11-3 1F
電話 03-5760-7020
料金:3800円(dans la natureのお菓子、ドリンク付き)
企画協力:ミルブックス
http://www.susu.co.jp/news/p869.html

 

 

 

甲斐みのり

文筆家。1976年静岡生まれ。旅・お菓子・各地の食材・クラシックホテルや文化財の温泉宿などを主な題材に、女性が憧れ好むものについて書き綴る。http://www.loule.net/

 

 




憩いのひととき
●おやこでおでかけ

子どもとの外出時、かばんの中にちょっとしたおやつがあると安心ですよね。我が娘の離乳期の定番は赤ちゃんせんべいとバナナ、その後何でも食べられるようになると、小袋が数個連なったスナックをよく買っていました。手軽で便利なので今もお世話にはなりますが、いつもこういうおやつを食べさせるのも…と考えていた時に出合ったのが、なかしましほさんの『まいにちたべたい”ごはんのような”クッキーとビスケットの本』。オーブン予熱の間に生地が出来てしまうし、洗い物はボール一つ。ずぼらな私もすぐにはまってしまい、手作りクッキーを持ち歩くことが増えました。材料も工程もシンプルで、子どもと一緒に作るのも楽しいんです。雨や雪で外遊びが出来ない日の娯楽にもなりますし、周りのママ友でこの本を気に入らなかった人はいません。ちょうど同シリーズの新刊『クッキーとクラッカーの本』が出たばかりで、書店でも見つけやすいと思います(どちらを先に買っても大丈夫ですが、新刊の「クッキー作りの『困った!』相談室」を読むと失敗が減りますよ)。お菓子作りなんて面倒で…と敬遠されている方にこそ試していただきたいレシピです。

 

岩崎一絵
当ウェブマガジン編集担当。北海道出身。今月3歳になる娘の育児奮闘中。




ライブレポート
●ライブレポート

【naomi & goro】12月に唐津の老舗旅館でライブがありました。

女将が毎回素晴らしい演出をしてくれますが、

今回はカレンデュラの花でnaomi&goroを作ってくれました。

カレンデュラはかつて唐津にたくさん咲いていたそうです。

お土産に頂きました。

 

【tico moon】

■ライブレポート1

11月5日、待ちに待った第一回カフェアンドミュージックフェスティバルが味の素スタジアムで開催されました。
心配していたお天気も持ちこたえ、気持ちの良い空気の中、カフェブースのオープンと共にフェスは始まりました。
出番まで少し時間があったので、まずはカフェ散策。
初めての開催なので、どんな感じになっているのか想像が付かなかったのですが、
実際に始まってみると、どのカフェも本当にクオリティが高く、驚きの連続でした。
そしていよいよライブがスタート。ナオミ&ゴローの気持ちの良い演奏を聴きながら準備を始めます。
今回ティコムーンはスペシャルゲストに遊佐未森さん、そしてベース&マンドリンに渡辺等さんをお迎えしての演奏でした。
ティコムーンの『Dear Rhino』や遊佐さんとの共演曲の再演、そしてライブでは初披露となる遊佐さんの新曲『風の自転車』など、
盛り沢山の内容で、広々としたステージでの演奏はあっという間の時間でした。
そしてティコムーンは続いてのアンサリーさんのライブでも演奏を努めさせていただきました。
アンサリーさんの歌声に聴き惚れながらの演奏、懐かしい曲や新しい曲など、とても楽しかったです。
この後もライブは続き、原田知世さんの素晴らしい演奏を最後に、第一回カフェアンドミュージックフェスティバルは無事に幕を下ろしました。
カフェと音楽との融合という初めての試みのイベントでしたが、想像を遥かに超えた楽しいイベントでした。
第二回のカフェフェスが今から楽しみです!

 

■ライブレポート2
昨年11月末から12月25日にかけて、ティコムーンのクリスマスツアーが行われました。
(11月27日 湘南海岸 カフェゆるりと、12月4日 吉祥寺 カフェロカリテ、10日 名古屋 ミュシカ、
11日 金沢 花のアトリエ こすもす、15日 中目黒 ドロール、16日 仙台 「+R」、21日 神戸 みみみ堂、
22日 奈良 くるみの木、23日 高知 蛸蔵、24日 京都 flowing KARASUMA、25日 静岡 ベルナール・ビュフェ美術館)
昨年は結成10周年を記念したアルバム『Daydream Garden』がリリースされた事もあり、
クリスマスの曲に加え、『Daydream Garden』からの曲や、このツアーで初お披露目になる冬の新曲など、盛り沢山の内容になりました。
お世話になった会場の皆様、そして聴きにいらっしゃってくださったお客様、ありがとうございました!
またお会いできる日を楽しみにしています。
(tico moon/影山敏彦)

 

(名古屋ミュシカ)

(初めての仙台)

(神戸みみみ堂/イラストレイターのマツエマイコさんがこの日の為に描いてくれたツリー)

(奈良くるみの木で6年振りのクリスマスライブ)

(京都flowing KARASUMA)

(ベルナール・ビュフェ美術館/大きな2枚のキリストの絵の前で)