333discs

Q and A

ひとことインタビュー

■こんな音楽フェスがあったら行きたい!出たい!

【goro】基本は外で演奏が苦手なので屋内のフェスだったら、植物園とか温室とか。

 

【tico moon影山敏彦】ずばり「カレー&ミュージックフェスティバル」。全国の名カレー店の出店は勿論、カフェの名店が作るピカイチカレーや、全国カレーパン食べ比べコーナー、誰でも簡単に作れる美味しいカレーワークショップ等、イベント満載のカレーと音楽のお祭り。勿論開催は夏の真っ盛りに。

 

【tico moon吉野友加】私も「カレー&ミュージックフェスティバル」に一票!!

 

【甲斐みのり】秋に発売予定で、“たてもの”の本をつくっているほど、建造物が好きなのですが、たとえば1階から5階まである古いビル一棟で音楽フェスがあったら楽しそう。各階をのぼりおりするのですが、他の階の音と音がぶつかりあってしまいそうで、実現するのは難しいかもしれませんね。もしくは、駅フェス。駅ごとに違ったライブがあって、電車に乗って、駅を行き来するような。

 

【葉田いづみ】北海道のカフェフェスは写真を見ているだけでも本当に気持ち良さそうでした。もう少し関東に近い所で、また森の中でやってほしいなぁと思います。

 

【阿部桂太郎】子どものためのコンサート。子どもにこそ、本物の音、いい音を聴かせてあげたい。実は先日、パリで開催された子どものためのクラシック コンサートにお邪魔したのですが、これがなかなか素晴らしかった。コンサートの前半は、個々の楽器の説明や、その音を実際に聴かせてもらい(ちょっとだけ、楽器にも触らせてもらい…)、そして後半は、それらの楽器を使った演奏を聴くものでした。また、ステージの前には広いスペースが設けられ(シートが敷かれ)、子どもたちはお父さんやお母さんと一緒にその上に腰を下したり、寝転がったりしながら聴くことができます。さらに、コンサートの主役は子ども達ですから、途中で泣いても、騒いでも大丈夫。

 

【三品輝起】リゾートホテルで3日間くらい、あらゆる客室で散発的にライブがあるフェス。参加ミュージシャンは泊まってる部屋で、すきな時間にそれぞれ小音でライブを行う。客もそのホテルに宿泊してて、目当てのミュージシャンの時間がくれば訪ねていってライブを見たり、自室で寝ててもいいし、外で遊んでもいい。あるわけないけど。

 

【青芝和行】温泉地を貸し切ってライブ&入浴三昧、みたいなフェスがあったらいいな。ものすごーくユルいイベントになりそうですが。

 

【伊藤葉子】熱中症&虫さされの心配の無い、涼しい時期の野外イベント。Mt. FUJI JAZZ FESTIVALのボサノヴァ&クラシック版とか良さそう!もちろんおいしい食事、美味しい飲み物、そして温泉とスパ!カフェフェスも継続できるよう皆で考え中ですよ♪おたのしみに♪

 

■今まで飼った動植物・昆虫で思い出深いものは?

【goro】小1の頃、近所の子が拾って来た子犬をみんなでミルクあげたり、自分のご飯を残して食べさせたりしてこっそり隣の空き地で飼っていたのですが、親に見つかって遠くの空き地に捨てにいく、悲しい悲しい思い出、、、くうくう泣く子犬を僕は何度も泣きながら振り向いて、、、(泣)

 

【tico moon吉野友加】小学生の頃シマリスを飼っていました。ヒマワリの種をあげると、頬っぺを膨らませて食べる姿が可愛らしくて大好きだったのですが、夏休みに山梨の祖父母の家に連れて行った時、ゲージから飛び出して、山へ向かって走って行ってしまいました。その後も戻ってくる気配はなく、自然の中で元気に暮らしたのかなー、と今でも時々思い出します。

 

【甲斐みのり】お祭りで買ったヒヨコが、ニワトリになるまで育ちました。今はBID(ビド)という名の猫がいます。The Monochrome setのリーダーからいただいた名前です。

 

【葉田いづみ】小学生の頃、学研『かがく』の付録についていたカブトエビの卵をふ化させ、育て始めました。
ある日、水槽の掃除のため紙コップにカブトエビの赤ちゃんを入れておいたら、母がただの水と勘違いして台所に流してしまいました…。悲しかったです。

 

【阿部桂太郎】小学校の低学年の頃、故郷の川や池で採ったサワガニやイモリ。毎日、学校が終わってから友達と一緒に川や池へ行き、パンツ一丁になって夢中で採りました。そして、自宅の玄関に飼育箱を置き、採ってきたサワガニなどを入れておいたものです。しかし不思議と夜の間にどこかへ逃げてしまい、翌朝には空っぽに…なんてことがよくありました(懐)。

 

【三品輝起】中高のとき飼ってた熱帯魚たち。

 

【青芝和行】犬と猫の思い出は別にして、小さい頃に飼っていたインコが近所の猫に襲われたのがショックでした。そのせいか、子供の頃は猫よりも圧倒的に犬派でした。今は僅差で猫派かも。

 

【岩崎一絵】一番かわいかったのは実家で10年飼ったうさぎですが、今は娘が幼稚園から連れ帰ったドジョウのじょうたろうがいます。飼い始めると意外に愛着がわいて、長生きするといいなと思って世話しています。

 

【伊藤葉子】小学生のころはゴムの木と柊。ゴムの木に傷をつけて、いつになったらゴムボールができるかな~!と眺めていたのを思い出しました。柊は今も実家の玄関にありますが、鬼が家に入らなくなるということで母親が植えていまして、よく酔っぱらった父が柊にささって「痛い!」と言っていておかしかったのを覚えています。大きくなってからは二匹の猫(モモちゃん、メーちゃん。どちらも貰い猫でした。)です。楽しく一緒に過ごさせてもらいました。感謝!




●8〜10月おすすめのイベント

【goro】8月11日に根津教会でソロライブがあります。チェロは徳澤青弦。

 

【tico moon影山敏彦】今年の夏も暑くなりそうなので8月は家でオリンピック観戦が多くなりそうですが、特撮博物館(東京都現代美術館)、鋤田正義展(東京都写真美術館)等、楽しみな展覧会も目白押しです。

 

【tico moon吉野友加】夏の間は、ライブを聴きに行ったり、美術館へ展示を観に行ったりと色々と楽しむ予定です。

 

【甲斐みのり】8月4日・5日 有楽町ルミネ「otona縁日」おやつマルシェに参加、 8月25日 ”東京のかわいいお菓子”を楽しむお茶会を開催します。 http://www.loule.net/coto_spring/new_event.html

 

【葉田いづみ】国立でおいしいたいやきを屋台販売する「たいやきや ゆい」さんが、夏はかき氷屋を開きます。お得意のあずきを始め、果物を使った手作りのシロップはどれも魅力的でどれにしようかいつも悩みます。(なんと練乳も自家製!)不定期でいろんな場所に出張されるようなので、ブログをチェックしてみてください。

 

【阿部桂太郎】パリの秋、食欲の秋です。美味しいものを、飲んで食べて♪

 

【三品輝起】・FALLで8月24日に工藤冬里さんの陶芸展にあわせて、工藤さんと宇波拓さん出演の音楽会があります。
・10月3日から14日まで、TERATOTERA主催「西荻映像祭」というイベントが西荻窪であり、FALLも参加会場となる予定です。
・FALLで10月20日に写真家・芦田陽介さんの展示にあわせて、荒木真さん+Ryoさん、津田貴司さん出演の音楽会があります。

 

【青芝和行】10月に再来日するZombies 、膝を正して拝聴してこようと思います。

 

【伊藤葉子】8月29日(水)にNY在住の塚本浩哉さんというソングライター/ギタリストのアルバム「Haertland」をリリースいたしますよ!9月には来日公演も予定しています。tico moonとの対バンも企画中。ぜひお越し下さいね。
また、10月にはペンギンカフェが来日!伊藤ゴローもライブで共演いたします。ゴローは原田知世さんとのon-doc.で関西にも伺います。naomi & goroも活動開始!?ぜひお楽しみに♪




●「一週間の休みと予算10万円」で旅に出るとしたら?

【goro】船でロシアに行ってみたい。料金はいくらかかるかわからないのですが、ウラジオストクまで、港に着いたら魚料理食べて、、、10万円でたりるのか?

 

【tico moon影山敏彦】5万円で自転車を購入。残りの5万円と自分の足で行けるところまで一人旅。何も考えずにひたすら走ります。

 

【tico moon吉野友加】普段楽器を持って、車で移動する旅が多いので、楽器を持たずに、のんびりと身軽に歩き回る電車の旅をしてみたいです。ただ身軽というだけで、特別な旅の感覚になれそうです。

 

【甲斐みのり】旅の紀行文などを書く仕事で、ときどきひとり旅をすることもあるのですが、そのたびにおしいものを食べたときには「おいしいね」、きれいな景色をみたときは「きれいだね」、と言いあえる人がいることの大切さを感じています。ひとりだと、おいしいものを食べても、「おいしい」という言葉までのみこまなければいけなくて。ですからせっかくの1週間と10万とう予算があったら、親しい人と一緒の旅がいい。

今年の3月に福島、宮城、盛岡と、こけしの産地を巡る旅をしました。こけしの産地と温泉はつきもので、湯治(長期滞在型で自炊ができる)宿に宿泊しました。1週間あったら東北の湯治宿を巡り巡って過ごしたいです。もしくは、この春、東京から別府に住まいを移した友人に会いに別府温泉の湯治宿というのもいいなあ。そのうち1泊は湯布院「亀の井別荘」に泊まったりして。

 

【葉田いづみ】長崎、福岡、熊本、鹿児島…と九州を巡ってみたいです。国内旅行で一週間って贅沢な感じで学生のとき以来ないですね。

 

【阿部桂太郎】家族皆で、フランスの田舎へ。特に何をするということもなく、ただ、のんびり、ゆっくりと、小さな村々を巡りたい。

 

【三品輝起】1人でニューヨーク、ニックのいたウエストエッグへ。

 

【青芝和行】何も決めずクルマで走り出して勘をたよりに良さそうな温泉地を探す。宿で翌日目指す方角を大まかに決める。勘をたよりに良さそうな温泉地を探す。の、繰り返し。一週間、そういう双六みたいな旅が出来たら楽しいかなと。もちろん一人で。

 

【岩崎一絵】尾道から今治まで、しまなみ海道サイクリング。島々の民宿に泊まりながらじっくり。

 

【伊藤葉子】一人で断食道場。奈良県とかよさそうかな~とか(http://www.danjiki.jp/cost.html)、ホテルでもやってるんですねー(http://www.princehotels.co.jp/danjiki/)。体験者の方!おすすめがあればぜひ教えてください!




●人生最初の記憶は、何歳頃の、どんなものですか?

【goro】記憶を整理するのに時間がかかりますね、写真で見た記憶と、実体験としての記憶がごっちゃになってます。今ぱっと思い出したのは家出した思い出ですね、昔住んでいた所まで(生まれた家、)歩きで、隣のおうちでカレー食べて、帰りはそこんちのおねいさんに手を引かれて帰った。そのおねいさんが僕を連れて来たお駄賃として50円もらってたのが鮮明に覚えています。『50円!すごい!』

 

【tico moon影山敏彦】多分4才くらい。プールで遊んでいてうっかり水に顔をつけてしまい、溺れかけた記憶。それからしばらくは水が怖かった覚えがあります。

 

【tico moon吉野友加】2歳の年の12月8日。弟が産まれた日の記憶。母が入院している病院へお見舞いに行った帰り道、伯母に手を引かれて歩いていると、

白い空から雪がヒラヒラと降ってきた、という記憶。たぶんこれが一番古そうです。

 

【甲斐みのり】それが何歳の自分なのか、定かでないほどちいさなとき。布団の中、眠りにつく前、隣で添い寝してくれている母がいなくなってしまわないように、ぎゅっと袖をつかんでいたこと。

 

【葉田いづみ】2~3歳ごろ、引っ越し予定の社宅の改装現場を見に行った記憶があります。母の話では、私が「この家に住むのは嫌な気がする」と言ったそう。たぶん、かなり古かったのでしょう。

 

【阿部桂太郎】4~5歳頃の、故郷(新潟県小千谷市)の風景。実家の前の春の様子です。土筆が顔を出し、淡い紫色の桐の花が咲いているのが見えます。

 

【三品輝起】オムツをはいて(よって2歳くらい?)濃い緑の庭で白鳥のオマルにまたがっている。しかし残念だけど、写真によって遡及された偽りの記憶だと思う。

 

【青芝和行】どこかわからない、陽当たりのいい場所でクルマのおもちゃで遊んでる映像が浮かぶんですが、おそらく2歳から3歳頃の記憶じゃないかと思います。

 

【岩崎一絵】3歳の頃、妹が生まれる直前に水疱瘡にかかり、遠く海沿いにある祖父母宅に預けられた時の記憶。今は亡き祖母とかぼちゃ団子を作ったことを鮮明に覚えています。

 

【伊藤葉子】4、5歳の頃?眼科にいって、目を洗ってもらった記憶かな~~。目の下に銀色の漏斗みたいのをあてて、先生が生理食塩水?をかけて、冷たいな~と思ったような。




●5~7月におすすめのイベント

【伊藤葉子】ずばり、6/30(土)にニセコで開催します『森のカフェフェス』と、6月からスタートする原田知世さんと伊藤ゴローのon-doc.(オンドク)ツアーです!『森のカフェフェス』の為に、昨年11月から今までに3回ニセコに伺っております。空気がきれい!自然が美しい、食べ物もおいしいし、人もやさしくてとにかく素晴らしいんです。そこでカフェフェス!素晴らしいアーティストと素敵なカフェが!もう待ち遠しいです。(準備はまだまだですが^^;; やばいっ!)今年は原田知世さんデビュー30周年、全国各地で企画しています朗読会『on-doc.(オンドク)』も、素敵なイベントになりますよ~。どちらもぜひお越し頂きたいです。

 

【goro】5/5青山スパイラルで平出隆さんとトークイベント&ライブがあります。フリーなので皆様是非。

5/25には立川の書店オリオンパピルスにて、6/16はタワーレコード渋谷でもインストアライブがあります。

4/25にリリースした『GLASHAUS』特設サイトでブログも更新中です。

 

 

【tico moon】5月はtico moonツアーで西へ。5/2 高松、5/3 徳島、5/4 高知、5/6 山口、5/13 静岡、5/18 京都、5/19 岡山、5/20 松江でライブがあります。詳細は tico moon HPをご覧ください。

また、6月はニセコで開催される『森のカフェフェス』に参加させていただきます。
その他、札幌、旭川でもライブを予定しています。こちらも決まり次第HPでお知らせさせていただきます。

 

【甲斐みのり】(1)2012年5月10日(木)~ 5月26日(土)横浜 greenpoint books & thingsにて、甲斐みのり新刊『静岡百景』発売記念展をおこないます。本書で静岡の美しい風景を撮影した和田直美さんの写真展の他、甲斐みのりが厳選した静岡銘菓や、富士山グッズなどの販売も。最終日の5/26には甲斐みのりが店主となり、静岡の銘菓をお楽しみいただく「静岡喫茶」を開催。

 

(2)5月27日(日)「東京蚤の市」で、乙女歌謡イベントのトークショーを開催。洋楽カバーの日本の歌について、333DISCSのジャケットイラストでもおなじみ、イラストレーターの石坂しづかさんとお話させていただきます。

 

(3)その他にも、『静岡百景』発売記念の音楽イベントなども予定しています。

 

【葉田いづみ】東京都現代美術館で5/19から始まるトーマス・デマンド展。作品集は持っていますが実際の写真を観るのは初めて。期待しています。紙で制作した作品を撮影し、写真のみを展示してもとの制作物は破棄してしまうという珍しい手法です。

 

【阿部桂太郎】セーヌ河岸でのピクニック。ゆっくりと暮れていく時間の中で、穏やかなセーヌの川面を眺めつつ、飲んだり、食べたり。

 

【三品輝起】東京・西荻窪にて6月2日と3日、「チャサンポー(西荻茶散歩)」というイベントがあります。「やかんマーク」をかかげた街中の店(FALLを含む84店舗参加!)で、無料のお茶が飲めたり、特典が楽しめたりします。

 

【青芝和行】5月にMose Allisonという84歳のジャズ・ピアニストのライブに行くのが楽しみです。去年来るはずが体調不良で延期になって、やっと実現したライブなので。しかも初来日。
あとは、もちろん6月のニセコ、森のカフェフェスで決まりでしょう!




●2012年の抱負とみなさまへのご挨拶

【伊藤葉子】2012年、新しい年になりました。2011年は、良い事も悪い事も、過去に経験した事のない自分のキャパを超えた出来事が沢山ありました。新しい方との出会いも沢山あり、考え方を変えざるを得ない事も多々あり、本当に勉強になった一年でした。今年はどんな事が起こるのかわかりませんが、いつも通りに地道に、コンスタントにやって行けたら、、、と思っています。本年も333メンバー一同がんばります!どうぞよろしくお願いいたします。

 

【goro】真夏のブラジルから帰ってきました。東京は寒い!みなさまいかがお過ごしでしょうか?今年はアルバムを何枚か出す予定があります。去年は一枚しか作れなかったので、がんばります。

 

【naomi】本年もよろしくお願いいたします。新年はこのpressでも登場していらっしゃるフルールドクールの阿部さんの御宅でかるた取りをしてきました。皆様にとって素晴らしい一年でありますように。

 

【tico moon影山敏彦】昨年はtico moon結成10周年、そして来年は初めてのアルバム『lento』をリリースしてからちょうど10年。長かった様であっという間だったこの10年という時間を大切に噛みしめながら、今年も音楽を奏でていきたいと思います。

 

【tico moon吉野友加】今年は tico moon 11年目になりました。新しい10年の始まりとして、新鮮な気持ちで活動したいと思います。今年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

【甲斐みのり】2012年がはじまり、ひと月がたってしまいましたが、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。一昨年は「寡黙」、昨年は「人見知り克服」を新年の抱負として日々を過ごしましたが、今年はもっとたくさん旅をしたいなあと思っています。昨年、tico moonさんから、ツアーで全国をまわられた話しを伺って、旅っていいなとあらためて思って。春に、出身地である静岡案内の本を出すのですが、東京から静岡の距離でもじゅうぶんな旅。近くでも遠くても、時間をみつけてあちらこちら巡れたらと思います。

 

【葉田いづみ】昨年は大変な災害があり、原発事故の被害はまだ続いています。今年はみんなが少しでも穏やかな日々が過ごせますように、願っています。

 

【阿部桂太郎】穏やかに、そして家族が幸せに暮らすことができれば良いと思っています。また皆さまにとっても、2012年が本当に幸せな一年になりますように。

 

【三品輝起】本年もよろしくお願いします。大人になります。

 

【青芝和行】去年は暗いニュースが多かったので、明るい一年になればと思います。個人的には、趣味のランニングで今年は1,300kmを目標距離にしたいと思います。

 

【岩崎一絵】333DISCS PRESSも気づけば5年目。いつもご愛読ありがとうございます。季刊なので細々とではありますが、皆様それぞれにお気に入りのコーナーを見つけて頂けるようなウェブマガジンを続けていきたいです。




●待ち合わせによく利用するカフェはありますか?

【naomi】今まではメニューや雰囲気重視だったのに、最近ではソファ重視になりました。近場の駅のエクセルシオールに頻発に出入りしてます。

 

【goro】あまり人と待ち合わせしませんが、打ち合わせだとスパイラルのカフェかな。

 

【tico moon影山敏彦】下北沢のkate coffee。自由に閲覧できる本が沢山あるので、待ち時間を持て余す事もありません。

 

【tico moon吉野友加】待ち合わせだけではなく、週に一度はサンマルクカフェに行きます。焼きたてのパン、特にチョコレートの入ったクロワッサン「チョコクロ」が大好きです。

 

【甲斐みのり】昨年末、『東京でお酒を飲むならば』という本を出したのですが、その中で、新宿で待ち合わせするのにいいお店について書きました。やっぱり、新宿東口の地下改札を出てすぐのところにある「BERG!」は待ち合わせの定番です。コーヒーを飲む人、お酒を飲む人が、同じ空間で同じような何気ない顔つきで、ひとりで過ごしていたりして。(朝からなにくわぬ顔でお酒を飲んでいる人もいます)モーニング、ランチ、コーヒー、お酒、デザート、おつまみ、軽食、メニューの抱負さもありますが、訪れた人がそこでどんなふうに過ごすか、普通の喫茶店やバーよりもずっと自由な雰囲気を好ましく感じます。立ち飲み席とテーブル席が、半々ほどなので、さっと食べて飲んだり、待ち合わせするのに本当に便利です。

 

【葉田いづみ】青山のNUMBER Aというカフェがなかなかでした。お茶だけでもいいし、夜だったらお酒をたのしみつつしっかりご飯も頂けます。

 

【阿部桂太郎】パリの5区、パンテオン(Pantheon)の裏通りにある、カフェ ド ラ ヌーヴェル メリー(cafe de la nouvelle mairie)。このカフェの斜向いに住んでいたこともあり、よくお邪魔しました。いかにもパリらしい雰囲気の静かなカフェです。

 

【三品輝起】西荻窪の喫茶店「それいゆ」。老若男女が集い「実家感(わたくしの造語)」にあふれイケメン店員も常駐してて足穂の本もあって……みたいな喫茶はなかなかないと思う。

 

【青芝和行】最近見つけたのでまだ待ち合わせに使ったことはないんですが、町田の宮越屋珈琲店を。もともと札幌が発祥でチェーン展開してるそうです。コーヒーが美味しいのはもちろんなんですが、JAZZ喫茶ばりの高級オーディオでモダンジャズが流れているのが売りみたいです。誰も熱心には聴いてなさそうなんですけどね。早く待ち合わせに使いたい!

 

【岩崎一絵】渋谷マークシティ、アフタヌーンティのカウンターコーナー。チャイがあります。落ち着く雰囲気ではありませんが、店外の通路の席なら大抵座れるので、ちょっと時間を潰すのに向いています。

 

【伊藤葉子】美味しいものを食べに、ならば素敵なカフェが沢山あるのですが、仕事で待ち合わせとなると、パソコンも使うし、出来るだけすいてるところが良いのでついついデパートに行ってしまいます。新宿伊勢丹の地下2階のスターバックス(すいてるから)、渋谷東急本店屋上のヴェルデステ(ハーブティーにラスクがついてきます)座席はとても少ないですが、ひとけも少ない、とか。どちらも駅から遠いので、渋谷、新宿の駅徒歩4、5分で良いところがあれば是非教えて下さい!

そういえば・・・ゴローに教えてもらった吉祥寺の喫茶店「シェモア」CHEZ MOIは穴場です。JR吉祥寺南口からマルイにむかい、マルイの左側の通りの左側。L.L.BEANのすぐそばです。飲み物、食べ物、雰囲気に全くこだわらなければ、絶対座れます。店内に招き猫が沢山、水槽というか、池がある。カメがいたような。。あれだけ立地の良いところなのに大変もったいない。なんとか良い感じになってほしいです。




●2~4月おすすめのイベントは?

【伊藤葉子】naomi & goroはレコーディング期間、tico moonはライブにいくつか伺えると思います。また、ゴローも4月リリースのソロアルバムにむけて色々と予定が入ってくると思いますが、3/3(土)に地元国立市のアグレアブルさんで、ダン・ラ・ナチュールさん初の書籍『ももの木 なしの木 りんごの木』(mille books刊)発売を記念し、伊藤ゴローがあんざい果樹園の安斎伸也さん、ダン・ラ・ナチュールの千葉奈津絵さんとのトークイベントに出演いたします。演奏も予定しておりますのでぜひお越しください。

 

【goro】4月に僕のソロが出ます。ブラジルで録ってきました。ギターインストです。ピアノにアンドレ・メーマリ、チェロにジャキス・モレレンバウムなど素晴らしいアーティストとレコーディングしてきました。

 

【tico moon影山敏彦】もう少し先になりますが、5月22日のスカイツリーのグランドオープンが楽しみです。高所恐怖症の割に展望台に上ることが大好きなので、上れる日を楽しみにしています。

 

【tico moon吉野友加】暖かくなったころ、少し長めの散歩しながら桜を楽しむ。そんなお花見がオススメです。

 

【甲斐みのり】
2/1~2/14まで阪神百貨店梅田本店バレンタイン催事場で「おやつマルシェ」
2/3~2/14まで調布パルコで「かわいくておいしいおみや」
と、バレンタインにあわせて、お菓子のイベントを監修しました。
チョコレートだけでなく日本各地のお菓子をご紹介しています。
阪神百貨店では今年で3年目ですが、調布のパルコは今年がはじめて。

私のコーナーは1階の特設会場となります。4階には手紙舎さんのshopもあるので、是非会わせてお立ち寄りいただければ幸いです。

 

【葉田いづみ】楽しみな映画がいくつかあります。ヴェンダースによるピナ・バウシュのドキュメンタリー『PINA』、マイク・ミルズ監督の『人生はビギナーズ』。

 

【阿部桂太郎】春の訪れ、そのもの。長くて暗い冬が終わり、日に日に昼間の時間が長くなるこの季節は、パリの街に生きる者にとって本当に嬉しいもの。街路樹の葉が芽吹く頃の清々しい空気には幸せすら感じます。

 

【三品輝起】FALLの上階に「toki」という西荻一文化的なすばらしいカフェがあるのですが(1月は黒沢清監督のトークイベントがありました)、2月のイベント「映画『ニーチェの馬』公開記念トークセッション」になぜか安齋肇さんがでます!

 

【青芝和行】2月のKeith Levene, Jah Wobbleの来日公演がとても気になります。



「節電防寒対策、工夫があれば教えて下さい」

【goro】寒くなりましたね、暑い夏に比べたら冬は好きなので寒さには強いほうですが、温かいものを、鍋とかシチューとか食べてあったまる?あと焚き火、焚き火がしたい!いつも思ってます、焚き火しながらぼーっとしてるとこを。

 

【naomi】ヒートテックの上にフリースを羽織る。最近覚えたリンパストレッチ。

 

【tico moon影山敏彦】昨年から始めている靴下の重ね履き。寒さに応じて2枚から4枚くらいまで。靴下嫌いだったのが嘘の様に快適です。

 

【tico moon吉野友加】小豆の入ったカイロを使っています。ふんわりとした温かさが気持ちいいです。

 

【甲斐みのり】半身浴で長ーくお風呂につかること。冷え性を克服するため岩盤浴にも通っています。冬はいつも猫が天然ゆたんぽになってくれるので温かいのですが、生姜系の飲みもので体を常に温めておくことが節電への第一歩でしょうか。

 

【葉田いづみ】靴下の重ねばきをしている人は多いと思いますが、ズボンの下にスパッツを重ねるとすごく暖かいことに(今さら?)気づきました。

 

【阿部桂太郎】日本から送ってもらった「使い捨てカイロ」です。外出の際、お腹や背中に貼っています。なお、フランスの知人や友人にも薦めているのですが、皆、怖がって貼ってくれません…。

 

【三品輝起】帰ったらシャワーを浴びてご飯を食べ、すぐにベッドにもぐる(読書、考え事、ケータイにきたメールの返信などは眠くなるまでそこでする)。

 

【青芝和行】各社競合している防寒アンダーウエア、着たことがないので今年は試してみようかと。やはりユニクロに一日の長があるんですかね?

 

【岩崎一絵】実家から送られてきた袖付きブランケット、あなどっていたら非常に暖かくて反省しました。

 

【伊藤葉子】やっぱり一押しは「湯たんぽ」です!半日は暖かく過ごせますよ。一度使うと手放せなくなります。鍋料理で部屋を暖めるのもいいですね。




「好きな鍋料理は何ですか?」

【goro】鍋じゃないけど豚汁が食べたいな、具沢山で七味かけて、、、うまそ~

 

【naomi】鍋というか煮込みのアクアパッツァ。貝をオリーブオイルとニンニクで炒め、お魚にうっすら焦げ目をつけ、ひたひたに水を入れ、セロリなど好きなお野菜を入れて煮込む。

 

【tico moon】餃子鍋。皮から手作りした野菜いっぱいの餃子をたくさん入れて作ります。

 

【甲斐みのり】この冬は常夜鍋をたくさんしようと思っています。日本酒の一升瓶がたくさんあるので。作り方は簡単。鍋にお湯のかわりに日本酒を入れて豚肉とホウレン草をしゃぶしゃぶのようにさっとゆがくだけ。毎晩食べても飽きないことからついたお鍋の名前。向田邦子さんも好物だったそうです。

 

【葉田いづみ】シンプルな豚バラと水菜の鍋が好きです。豚肉は脂肪分の多いバラ肉を使うのがポイント。

 

【阿部桂太郎】ゴチャゴチャと具が入っていない、シンプルな鍋が好きです。鶏肉に、長ねぎに、焼きとうふ…みたいな。素材と出汁の良さで勝負。

 

【三品輝起】近所の秋田料理店にあるほうとう鍋。

 

【青芝和行】家での鍋はキムチ鍋が圧倒的な頻度です。ニラと鶏団子がポイントかな。外だとモツ鍋が食べたくなります。

 

【伊藤葉子】鳥ごぼう団子鍋です。鳥のひき肉、長ネギ、ごぼうのささがきをさらに小さく切ったもの、醤油(全部適量)で鳥団子を作って、あとは大根とか人参、白菜、豆腐、椎茸などなど切った物と一緒に水から茹でて、ポン酢で食べます。ひと冬に何度も何度も登場します!

 

【岩崎一絵】北の富士のちゃんこ鍋が好きです。家では、フードプロセッサでつくねやつみれを作りまくっています。




古い投稿 »